ひとすじの光!?<舌痛症 2008晩秋編>

f0097157_21522694.jpg

あれから大病院の口腔外科行って、相変わらず症状が変わらなく、

「これはもう専門科がある大学病院を紹介してもらうしか・・」と悩んでいたら

通ってるメンタルクリニックの先生が
「抗うつ剤飲んでみましょうか? 」と。

抗うつ剤!

舌痛症に効くとかネットで読んだことあって興味あったけど
副作用が怖い?と思ってた薬・・。

そのことを先生に話すと、抗うつ剤の中でも弱めの効能の「トリプタノール」という薬を処方してくれました。

「トリプタノール」・・・ゆううつな気分を改善する薬。
           副作用:眠気・口が渇く・便秘など



現在は安定剤とともに1日2回1錠服用。

まず飲んでから2~3日はだるさが強かった。
薬のせいかは定かではないけど、寝起きにひっくり返りそうな目眩が!

現在は馴れてきたのか、その症状はありません。(たまに眠気が強い時があるけど)
そして、やっぱり口の渇きがあります。(元から喉乾きやすいのであまり気にならず。)

驚いたのは一番副作用がでたのが、べ・・お通じが無くなったこと!
これを解消するのにヨーグルトを食べる。
そしたら少し症状がよくなってきました。(数日前究極にお腹下したので更に解消・・)



で、一番大事な舌痛症の効果なのですが

効いているのです・・・!

と言っても完全に痛みが取れることはなく

周期的に、そして多分疲れで痛みが増すこともあったり

まだしゃべるとビリっと痺れる痛みがあるのですが

夏に比べると楽になってきたのは嬉しいことです。


抗うつ剤って何かハイテンションになるイメージだったのですが(むしろそうなるのを期待した)

効き目が弱なのか全くそんなことなく、痛みが強くなると「え・・どうして?」と心配性になるのはそのままです。

でも、精神的な芯棒がしっかりした感じで、
以前は痛みが来ると「ああ また・・」と凹むことが多かったのですが、そうゆうことが大分減りました。

このままの症状が持続すれば良いのですが・・。
とりあえず薬を飲み続けてみます。
[PR]
by sora-066 | 2008-11-16 22:07 | 健康